学校へ合格をするためには努力が必要!合格のために一生懸命になろう

希望大学へ入学の確率をアップする方法はコチラ

作文用紙

正しい書き方を覚えよう

作文のように小論文が上手くいかなくても安心してください。正しい書き方があるのでそれを頭にしっかり入れておけば苦手な小論文も得意に変えていくことができるでしょう。構成を考えて文章を書いていけば書き進めるうちに流れをつかみやすいです。

READ MORE
履歴書

受かる書き方がある

単純に志望動機を書くだけでは受かる可能性が低くなるため、相手に伝わるような文章で書くようにしましょう。また大学を選ぶ際は事前にオープンキャンパスへ参加して体験をして、資料請求もして情報収集をした上で志望動機を書くと良いです。

READ MORE

合格するために必要なこと

女性

志望動機は大学合格のために重要なこと

大学や専門学校へ入学を考えているなら、まず筆記試験や面談を受ける必要があります。学校の中には一次で書類選考が行なわれていることがあります。書類選考は、内申や応募書類を見て担当者が判断して合格か否かを決めていきます。そのため、志望動機や自己PRなどで他のライバルよりも目立つようにアピールをする必要があります。

口先だけの志望動機は落ちる可能性大!

明らかに担当者が分かるような嘘の志望動機を書いてしまうと、面接のときに詳しく質問されてしまう可能性があります。それで更に返答をすることができなければ面接で落ちる可能性が高いでしょう。受かるために良い志望動機を考えるのは良いことですが、正直な志望動機とともに学校の方針なども志望動機の中に取り入れていくようにするのが良いです。

面接官が重視するのは「志望動機」

インターネットの情報サイトには、実際に担当者に聞いたインタビュー記事が掲載されています。応募書類の中で一番重視するのが志望動機と回答しているのが多いとも言われているので、それだけ志望動機はとても重要事項であるといえるでしょう。また、学校によっては小論文の提出が必須なところもあります。

小論文はポイントを抑えることが大切!

各大学から出題される小論文のテーマには、必ず合格するためのポイントがあります。ただ作文を書くようにするだけでは小論文で合格点に達することはできないでしょう。小論文では自分の意見を述べた上で、なぜその意見になるかを具体的に説明することが大切です。

納得させるための意見を書く

自分の意見を述べるだけはただの作文になってしまいます。意見を言うのみならず、なぜそうなるのか相手がしっかり納得できる答えを導いていくことが必要です。作文よりも小論文はかなりの文章力が必要となるため、書き上げるのはとても時間がかかってしまうでしょう。

合格のためには事前準備をすることが肝心

大学を一発で合格したいと考えているなら、志望動機や小論文の書き方をマスターした上で書いていきましょう。また、一般入試なら他にも筆記試験が待っているので、しっかり勉強をして試験に備えるようにしてください。大学合格をするまでは気を抜かないようにしていきましょう。